ホーム > 仕事 > アポスティーユ 代行

アポスティーユ 代行

アポスティーユ代行について考える拠り所として、三木清の次の文章を読んでみましょう。
アポスティーユ代行について直接論じているわけでもなく、著作権も切れていますが、
大いに参考となるでしょう。
支那や日本に於ける仏教の発達の場合を見よ。この独自な発達は原典ではなく、却(かえ)って飜訳書の基礎の上に行われたのである。或いはポエチウスによるアリストテレスのラテン訳が中世のスコラ哲学の発展に与えた影響、或いは聖書のルッテル訳がドイツ文化の発展に及ぼした影響などを想い起すがよい。何でも原書で読まねばならぬと思い込んでいることが如何(いか)に無意味であるかが分るであろう。
 然るに日本の学者の多くは何故(なぜ)かそのように思い込んでいるのである。彼等は飜訳書を軽蔑することをもって学者の誇であるかのように考えている。なるほど、どのような飜訳も、飜訳たるの性質上、不正確、不精密を免れない。
アポスティーユ代行を考える際のご参考になりましたか?

関連記事

入国管理局 問い合わせ
入国管理局 問い合わせをしようと考えていますが、入管の電話番号が分かりませんね。...
在留申請
在留申請についてお伺いしたいと思って、入国管理局に電話をしているのですが、もう繋...
入国管理局 品川 丸いビル
入国管理局 品川は、埠頭の倉庫みたいなところにあり、結構建物は巨大で、以前大手町...
入国管理局 川崎
入国管理局 川崎は、川崎駅の近くではなく、新百合ヶ丘の駅にあります。私は、川崎市...
帰化申請 メキシコ
帰化申請について、伊丹万作の著作権切れの文章をベースに考えて見ましょう。帰化申請...
創業融資
創業融資を受けたいと考えています。創業融資というのは、日本政策金融公庫などから創...
アポスティーユ 代行
アポスティーユ代行について考える拠り所として、三木清の次の文章を読んでみましょう...